MENU

採用情報トップ > 社員に聞く > 社員インタビュー > 植木 祥平

社員インタビュー

社員インタビュー

将来は店舗を統括する部長を目指しています!

2015年度入社

植木 祥平

[店長]

01. リカマンに入社を決めた理由

私が就職活動を始めたのは、大学3年の12月頃です。 特に『何がしたい!』という明確な希望や方向性は定まっておりませんでした。 どちらかと言うと、周りの流れにのって活動しているという感じでした。 しかし、在学中に酒屋でアルバイトの経験がありましたので、まずは大手ビールメーカー等を何社か受けましたが、はっきりとした目標や方向性がなかったので決まりませんでした。そんな中、アルバイトでお客様に「ありがとう」と言われて、とてもうれしかったことを思い出し、お客さまと一番身近な「接客」ができる小売の販売に興味を持ちました。 そして、最初はアルバイト先の酒屋で就職も考えたのですが、アルバイト先より、お酒の種類が多く、売場が楽しい、そんな魅力が多い、リカーマウンテンに決めました。 お酒好きの私にとって、世界中のお酒に囲まれて多くのお客さまと接客ができることは、とても充実した毎日です。

02. 主な仕事内容

小売業の魅力はなんといっても、直接お客さまと顔を見て接客できることだと思っています。 お客さまから「こんなお酒ある?」「あんなお酒がほしい」等々いろいろ聞かれても、最初は分からず先輩社員の助けをかりていたのですが、今では、様々なお客さまの要望に応えられるようになってきました。 また、将来は店舗を統括する部長を目指しているので、接客だけではなく店舗運営に関わる商品管理や売場作り、損益管理などを毎日の経験から勉強しています。

03.仕事の中で嬉しかったことは?

仕事の中でうれしかったことは大きく2つあります。 1つ目は、自分の作った売場にお客さまが立ち止まり、売りたい商品を手にとって購入していただいたときです。『本当にうれしい』の一言につきます。 2つ目は、入社して間もない頃は、お客さまから何を聞かれても返答できなかったのですが、今では、分かるようになってきた事です。 多くの酒に囲まれて働き、自然と知識が増えていると実感することががうれしいです。

04. 先輩からの就職アドバイス!

多くの業種がある中で自分にあった仕事を見つけるのは簡単なことではないと思います。 就職活動は決して甘いものではありません。時には落ち込み、自信を失い、あるいは焦り…。 しかし、厳しい状況であるからこそ、エントリーシートや面接を突破したときの嬉しさ、希望の企業から内定をもらったときの達成感・充実感ははかりしれません。 内定のさらに先には、就職し仕事を通じて充実した毎日を送る自分の姿があります。 就職活動では、夢の実現に向けて可能性を信じて、日々成長していく自分の成功イメージを思い描くことが最も大切だと思います。

リカマン社員に聞く

リカマン社員に聞く

八田 歩 社員の一日

2016年度入社

八田 歩

[店長補佐]

Copyright© 1999- LIQUOR MOUNTAIN Co., Ltd. All Rights Reserved.